高齢者に多い性機能障害によるED

性機能は若年のころは非常に機能が働きやすいですが、高齢者になるにつれて衰えていきやすいです。また特に男性の場合はそれに伴い、性機能障害を引き起こしてしまい男性木の勃起が不十分または不可となってしまうことで性交渉自体が難しくなるということもあります。その結果EDと呼ばれる症状を発症してしまうことが多いです。ED自体は若年層でも認められますが、割合としてはやはり高齢者になるにつれて増加の一途を辿っています。男性における性機能は男性器に精神的興奮や生理現象により平常時以上の血液が流入されることにより勃起に至ります。しかし高齢者になると性欲・精力自体の衰えが加速していってしまうことと、血管の伸縮性の低下などの問題により血液循環の低下が起こるため、結果的に性器への血液流入量が減少してしまいます。またその状態が継続して維持されてしまうと身体がその状態を覚えてしまい、いざという時に性機能を発揮できず、性機能障害を発症してしまうというケースが多く、それに伴いEDになってしまいます。高齢者になると性交渉自体の頻度も減るため、大きな問題はないように見えますが、男性にとっては性機能の持つ役割は自信や尊厳の維持という面もあることから性機能障害を抱えたくないと願う方が多いです。そのため最近では性機能障害によるEDへの治療法なども確立・研究されつつあります。その症状の原因も個人差が大きいため、個人個人に合った方法を選択・行動していかなくては効果は半減してしまいます。そのため個人で取り組むことも大事ですが、それ以上に一度専門機関にて診察・受診して自身の状態をしっかりと把握してから取り組みを行うということも非常に重要と言えます。